ラ・ペルラ・アズーラ社のタンナーさんとの食事

Home / BLOG / ラ・ペルラ・アズーラ社のタンナーさんとの食事

今日はモーダマニアのこだわりの革を手がけているタンナーさんの一つを紹介したいと思います。

イタリア、ルネサンスの時代から受け継がれる植物由来の原料で「皮」をなめし。化学成分を一切使わずに 美しい「革」にしてゆく技術は、

現在もトスカーナの地において 伝統を引きつぐタンナーさんたちの手で守られています。彼らもその一翼を担っています。

モーダマニア(modaMania)iPhone(アイフォン)ケースで使われる本革(ベジタブルタンニンレザー)の職人(タンナー)

フォトジェニックな 彼はPAOLO(パオロ)。ラ・ペルラ・アズーラ社のを支えるカナメ的人物。 PISAにある彼らの工場を訪問すると、自慢の革作りを丁寧にわかりやすく説明してくれます。トスカーナの祭りや、季節の美しさまでも織り交ぜながら。

http://www.laperlaazzurra.com/

(同じ名前を持つモーダマニアiPhoneケースの PAOLOとは、また別のPAOLOデスヨ)

数年前から毎年日本に展示会をしにやって来ます。

これは銀座の焼き鳥屋さんでの風景。社長のマウリッツィオと。

モーダマニア(modaMania)iPhone(アイフォン)ケースで使われる本革(ベジタブルタンニンレザー)の職人(タンナー)

(今度PISAに彼らを訪問した時はイノシシの煮込みを馳走になると決めてます)

子供のように無邪気な笑顔の彼ら、しかし革へのこだわりはスゴイ。

原皮としては最上質のフランス産を使い、薄い革を作る時も厚みのある雄牛の原皮を使います。結局は薄く剝いて使うものですが、薄い原皮を使って作った革と比べてみると、出来上がりの味わいに雲泥の差が出てきます。

彼らの革を使ったiphone6ケースの一つ

http://modamania.jp/?pid=83003692モーダマニア(modaMania)iPhone(アイフォン)ケースで使われる本革(ベジタブルタンニンレザー)の職人(タンナー)

モーダマニア(modaMania)iPhone(アイフォン)ケースで使われる本革(ベジタブルタンニンレザー)の職人(タンナー)

使う手のぬくもりで、表情の変化を長く楽しむことが出来ます。

植物鞣しの革の匂いも 是非味わってみてください。

http://modamania.jp

Related Posts